Seiren Musical Project 次回公演

top > Seirenをもっと知りたい!

次回公演

Seiren Blog

Seiren Twitter

Seiren facebook

Seiren Carender
Seirenの舞台ができるまで
企画書

企画。Seirenでは全てがここから始まります。
「あんなミュージカルやってみたい」
「こういうことでお客様を楽しませたい!」
そんな熱い気持ちがSeirenの歴史を作ってきました。

打ち合わせ。企画たったら、実行に向けてスタッフさんとの打ち合わせや、版権や劇場を取るなど、作品上演に向けて準備を始めます。ブロードウェイ作品の場合、翻訳や訳詞なども自分たちで行います。

打ち合わせ
オーディション

いよいよオーディション。団員もそうでない人も「このミュージカルに参加したい!」と思った方なら誰でも受けられます。
年功序列は一切なし。より良い作品を作るため、受ける側も審査する側も真剣です。

ここからやっと稽古開始です。セリフを覚え、歌を覚え、振りを覚えるところから始まります。
どんどん作品が形になっていく過程は本当にワクワクしますよ!

稽古
衣装・小道具セット作成

稽古と同時進行で衣装や小道具、セットなどの作成も進められます。これらもすべて団員の手作り。舞台には欠かせないものなのです。

いよいよ劇場に入って本番通りのセットを組み立てます。衣装を着けて、小道具を使って、本番のセットの中でリハーサルを行います。

小屋入り
本番
▲TOPへ戻る
団員インタビュー

Seirenにはいろっっんな人がいます。Seirenに出会うまでミュージカルのミの字も知らなかったような人、
小さい頃からミュージカルに慣れ親しんできた人。ダンスが得意な人、歌が好きな人、芝居を極めたい人。
役者やりたい人、演出や振付をやりたい人、衣装作ってみたい人。将来プロになりたい人、趣味でミュージカルやりたい人。Seiren一筋の人、兼サーしながら頑張ってる人。早稲田生、他大生、高校生、社会人・・・。
迷っているなら門をたたいてみてください。「ミュージカルが好き」その気持ちさえあれば誰でもいつでもWelcomeなのがSeirenです。

北川理恵(7期)

亘理直輝(8期)

柴田桃加(9期)

佐藤璃子(9期)

わたしは、seiren団員として活動しつつ、外部の舞台出演もしていました。どのような4年間だったかといいますと、1年10月本公演出演、12月本公 演出演、3月外部舞台出演、3月本公演スタッフ、2年5月新歓公演出演、5月外部舞台出演、7,8,9月 外部舞台出演、12月本公演スタッフ・・・そして3年・・・4年・・・というような、感じでした。
こんな私もちゃんと4年で卒業しました。資格課程もとれました。単位もとれました。
つまり、要は、やる気と根性です!笑

外部の舞台にも出演していた私にとって、seirenはホームでした。もちろん、学生のうちに外部の舞台出演を経験出来たことはとても貴重な経験でしたし、多くの事を学びましたが、seirenにも本当に多くの事を教わりました。
学生って、本当に凄い。威力が。エネルギーが。しかも、とことんやれるとこまで思いっきりやれます。自主練し放題。そして、仲間。団結力。ひとつのものを皆 で一から創り上げていく面白さたるや、外の世界では経験できません。役者だけではなく、プロのスタッフさん達にまじって、seiren団員もスタッフとし て大活躍できる。私も本公演で使うオケを打ち込んだり、衣装縫ったり、小道具作ったり、ヘアメイクさんやったり、色々やらせてもらいました。おかげで、ス タッフさん達のありがたみというのを、本当の意味で感じられるようになったと思います。
そして、seirenの良いところは!先輩後輩が物凄く仲良しなところ!本当に仲良し!人として尊敬できる先輩達がたっくさんいます。OBOGの方とも仲良くなれるチャンスがたくさんあります。人脈の宝庫だと思います。
何かを一生懸命やった事のない人も、一生懸命になるとこんなに凄い事が出来るのか!とびっくりするはずです。

一生のうち、たったの4年間の大学生活、どうせなら欲張って欲張って欲張ってみたらいいと思います。私は、欲張ってseirenに入った4年前の自分を褒 めてやりたいです。おかげで私はこんなに幸せになれました。成長できました。プロとして頑張ろうと思えたのも、seirenでいろいろなチャンスをもらっ たおかげです。

歌が好きなあなた。ダンスが好きなあなた。お芝居が好きなあなた。
ぜひ、その才能を発揮してください。

ミュージカルって、いきなり歌い出すし踊り出すし、よくわからん!というあなた。
やってみてください。体に戦慄走りますよ。

人前に出るのが苦手だけど、ミュージカル好きなあなた。スタッフとして縁の下の力持ちになってみませんか?責任感や思いやり、自分を何倍も成長させてくれます。

ホームページをご覧くださりありがとうございます!
Seiren Musical Project代表の亘理直輝と申します。

このページを見てくださったということはSEIRENに少しは興味を持って頂いているということでしょうか?

SEIRENのウリは自由さ!
「あれをやりたい!」「こんなことしてみたい!」を形に出来る場です。

「練習きつそうだな」「ついていけるか不安」もちろんあると思います。大勢の初心者の方から相談も受けます。
ですが、大事なのはその一歩を踏み出す勇気。その勇気があれば舞台にだって乗ることができます。

とまぁ偉そうに言ってる僕自身高校時代はミュージカルのミの字も知りませんでしたし、プロでやっていくつもりなんて全くありません。しかし何年かしてこうして皆さんにメッセージを書くくらいにはなっているわけです。

「学生No .1ミュージカルサークル」を目指して突っ走って来たSEIRENも今年で11年目。節目を越え、次のステージを迎える年です。
プロを目指すも就職をするも関係ない。
SEIRENの新しい時代を一緒に作ってくれるあなたをお待ちしています。

と言うわけで気軽に連絡を下さいね!
またお会いしましょう!

私はもともと役者志望でSeirenに入団しました。しかし、特別ミュージカルに詳しい訳でもなく、専門のレッスンを積んできた訳でもなく、 ただざっっくりと「キラキラした舞台が好き!」という、それだけが動機でした。はじめは役者で出演もしましたが、そこでのいろいろな人との出会いがきっか けとなり、それ以降は主にスタッフとして活動しています。これまでは、振付、振付助手、制作チーフ、当日制作を経験してきました。

Seirenはどんな関わり方もできます。私は何もやってこなかったド素人ですが、こんな私でも本気でミュージカルを作ることができる団体です。プロ志望 の仲間がいれば、様々な分野で活躍されているOBOGさんとの繋がりもあり、プロのスタッフさんとお仕事をすることもできます。みんなで一丸となって公演 を作る中では、本気で一生モノの出逢いがあります。

新入生のみなさんの中には、 「私はダンスが好き!でも芝居も歌もぜんぜんわからないし、自信ない。」と思っている方もいるのではないかと思います。そんな人にも 居場所があるのがseiren。もちろん役者として稽古に励むのも良いでしょう。他には“前から見て作る”スタッフという道もあります。

その一つが振付です。曲や歌詞、小道具、衣装、舞台セットなどからダンスの振りや構成を考え、指導をするのが役目です。自分が思い描いたステージを舞台に 乗せることができるんですよ!こんな素敵な仕事はありません!また本公演では、Seirenをよく知るOBOGさんやプロのダンサーさんなど、豪華な振付 さんにご指導頂くこともあります。振付助手につけば、すごい方々とお仕事することもできるんです。私は振付セクションで何度か活動させて頂き、毎公演の成 功に向けて、本気で取り組んできました。その中で、今までとは違った角度からミュージカルの魅力を知ることができ、ダンスをもっと好きになりました!

ミュージカルに”関わりたい”、その気持ちだけでも青春できます。自分に自信がなくても何でもできちゃいます。まずは一度、Seirenのみんなを覗いてみてください(^^)

セイレンは、学生が学生の域を超えたレベルのミュージカル体験ができる団体です。
指導陣がレベルが高いので、普通のミュージカル団体よりも効率よく自分の能力をあげることができます。
そんなチームの中で一つのものを作って行く過程では、能力面だけでなく、人格面もとても成長できます。
OBOGの方々の中にはミュージカルでプロの道に進まれた方や、仕事と両立させている方、ミュージカル経験を仕事に新しい形で生かしてる方などもいらっしゃり、そんな人生の先輩方から沢山学べるのも魅力的です。

Seirenでは参加する期間と参加しない期間を自身で自由に決められるので、ミュージカルに集中したい時期と勉強やその他のことに集中したい時期を自分で管理出来る 点も、魅力的です。私は早稲田生ではありませんし、自分の大学の方でもう一つサークルに入っています。また、ゼミもかなり厳しいところを選択しました。それでもこの団体ならそれらの活度と勉強は両立できます!

ミュージカルも勉強もその他のことも全て本気でやってみたい方にぴったりな団体です!

▲TOPへ戻る
inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system